日本代表の香川真司も出場した先日のマンチェスター・ユナイテッド対アーセナル戦の結果、大きな代償を払ったグーナーがいたそう。『independent』などの英メディアが伝えている。

ウガンダ東部のイガンガ地区に住むヘンリー・ダバサニさんはオールド・トラフォードでの一戦でアーセナルが勝つとして、自宅を賭けたという。

一方、この賭けを受けたラシッド・イェガさんはトヨタ・プレミオに加えてなんと自分の奥さんまで賭けちゃったそう。2人はこの賭けを(わざわざ)書面にし、地元の有力者やファンたちもそれに立ち会ったとか。

試合結果はご存知の通り、ロビン・ファン・ペルシーのヘディングシュートによりユナイテッドが1-0で勝利。

3人の妻と5人の子供がいるというダバサニさんは試合終了のホイッスルが鳴ると意気消沈していたそう。そして、実際月曜日になると、イェガさんによってダバサニさんとその家族は家から投げ出されてしまったとか・・・