『Calciomercato』は、「イタリアのトランスジェンダー女性ジャンデリーナ・ロドリゲズは、ACミランのフランス代表FWエンバイ・ニアングとセックスをしたと明かした」と報じた。

記事によれば、彼女(彼?)は公式ツイッターで以下のように話し、エンバイ・ニアングとのセックスについての感想を以下のように語っていたという。

ジャンデリーナ・ロドリゲズ

「私は認めるわ。エンバイ・ニアングとセックスをしたと。そして、彼は私よりもずっと女々しかったわ」

なお、昨年11月にロドリゲズはラジオ番組で以下のように話し、あるミランの選手とデートをしていたことを明かしていたとのこと。

ジャンデリーナ・ロドリゲズ

「私はミランの数選手と会った。でも、その名前は言うつもりはないわ。訴えられたくはないからね。彼は、『もし名前を言われたら、自分は終わりだ』と言っていた。

彼はとても行動的で、若く、黒く、『天才』だったわね。そして、ある意味ではバロテッリに似ていたわ。時々彼とデートしていたの」

ちなみにジャンデリーナ・ロドリゲズはこういう元男性である。