UEFAチャンピオンズリーグ決勝でバイエルン・ミュンヘンに0-1で敗れたPSG。悲願の欧州制覇には一歩届かなかった。

ネイマールやレアンドロ・パレデスは涙を流すなど選手たちは落胆を隠しきれず。そんなパリの選手たちを讃えるためにバイエルンが作った花道がこちら。

先に準優勝メダルを受け取るPSG選手たちのために整列して拍手。

【関連記事】「CL優勝が一度もないのに驚く現役スター選手TOP10」

これがパリでのラストマッチになったDFチアゴ・シウヴァは「悲しい。サポーターに謝る。彼らがくれた愛には感謝したい。僕はパリに戻ってくる。この愛するクラブに(選手ではなく)別の役割でね」と述べた。彼は2022年W杯の出場を目指しており、3,4年はプレーしたいとも明言している。