2022年カタール・ワールドカップのアジア最終予選を控え、日本代表チームがベトナム入り。8日にはオンラインでの会見にMF柴崎岳(レガネス)が臨んだ。

現在チームはグループ4位。前節でそれまで無敗のオーストラリア代表に勝利したものの、依然として厳しい状況は続いている。

そんななか柴崎は、記者からの「チームに不協和音が出てもおかしくないが」との質問にこのように答えた。

柴崎岳

「監督のパーソナリティ(人格)は一つ、チームが成り立つうえでは大事なことだと思っています。もしこれがクレイジーな監督だったら、何が起こってもおかしくはないので(笑)。

森保監督のパーソナリティはずっと見てきました。こういった状況というか、まだトップの位置に付けていない、チームにとっては望んでいた状態ではないにしろ、そういったなかでチームをまとめていく人柄があると思います。

僕ら選手はそれを信じてプレーしていく、チームを作っていくだけなので、そこに集中していきたいですね。」

【写真】歴代日本代表監督がもたらした新しい「サッカー用語」

日本代表は11日にベトナム代表、16日にオマーン代表といずれも敵地で対戦することになっている。

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名