昨年末のワールドカップで悲願の初優勝を成し遂げたアルゼンチン代表リオネル・メッシ。

激闘となったオランダとの準々決勝では、ルイス・ファンハール監督との遺恨も生まれた。

試合前に指揮官がメッシの守備力を揶揄する発言をしたと報じられたこともあり、メッシは黙れ!というようなポーズを決めていたのだ。

そうしたなか、ファンハール氏の発言がまた話題になっている。『NOS』によれば、すでに監督業を引退したファンハール氏は、メッシのW杯優勝は仕組まれていたと揶揄したという。

「アルゼンチンのゴールと我々のゴール、アルゼンチンの選手が一線を越えても罰を受けなかったのを見れば、全てがあらかじめ計画されていたと思う。

メッシがW杯王者にならなければいけなかった?そう思う」

メッシをW杯で優勝させるために全てが仕組まれていたと言い放っていたとか。

【関連記事】W杯で優勝したことがない世界最強の現役スター7人

ただ、オランダ代表のキャプテンであるフィルヒル・ファンダイクはそれに同意しなかったようだ。

「今朝聞いたよ。それは彼の意見だ。誰もが自分の意見を持てる。自分は同じ意見ではない」と述べ、ファンハール説には賛同しなかったとのこと。

【厳選Qoly】意外すぎる「クラブでリーグ優勝したことがない」世界最強選手たち

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら