パリオリンピックのアジア最終予選も兼ねたU23アジアカップ。

すでにグループステージ突破を決めていた日本と韓国が最終節で激突した。

韓国は中国戦からスタメンを10人入れ替えたが、後半にセットプレーから決勝ゴールを奪取。日本が0-1で敗れる結果となった。

『staddoha』によれば、韓国のファン・ソンホン監督は試合後にこう述べていたそう。

「我々は日本相手に困難な勝利を収めた。両チームにインテンシティと熱意があったが、我々はボールを支配し、プレッシャーをかけ続けようとした。

我々は負傷者に苦しんでいたが、その状況を乗り越え、勝利してグループ首位に立つという目標を達成することができた。

インドネシアとの準々決勝は難しいものになるだろう。グループステージでいいパフォーマンスを見せた強いチームなので入念な準備が必要だ」

韓国は主力センターバック2人を怪我と出場停止で欠くなどしていた。

日本人vs韓国人!市場価値が最も高い8人を比べるとこうなる

準々決勝で日本は開催国カタールと、韓国はインドネシアと対戦する。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名