スリランカと聞いて私たちが思い浮かべることは何だろうか。セイロン茶か、その首都の名前の二択ではないかと思う。

紅茶の一種であるセイロンティーの原材料である茶葉は、スリランカが原産地である。また、Sri Jayawardenepura(スリ・ジャヤワルダナプラ・コッテ)は世界で最も長い名前の首都であり、この二点においては日本でもそれなりに知名度が高い。

では、スリランカサッカーはどうだろうか。FIFAランキングは現在174位に沈んでおり、2014年ワールドカップではアジア1次予選で敗退している。しかも、フィリピン相手に1-5の完敗だった。

この通り、一般的に日本ではスリランカの知名度は総じて低い。そして、スリランカサッカーについてはもっと知られていない。しかし、そんなスリランカにプロとして活躍するサッカー選手がいることをご存知だろうか。

彼の名は、丸山龍也。神奈川県出身の22歳で、スリランカ・チャンピオンズリーグのニューヤングスFCに在籍する選手だ。1992年7月4日生まれのいわゆる“プラチナ世代"で、GK以外ならどこでもこなすという異色のオールラウンダーである。

丸山は日本でのプロ経験はない。それどころか、高校時代は全くの無名選手であり、Jリーグのユースチームや強豪高校にも在籍していた経験がない。前十字靭帯と内側靭帯を続けて断裂するなど、これまでのキャリアは決して順風満帆なものではなかった。

しかし、今彼は高らかに宣言する。「日本代表に入るまで日本に帰国しない」と―。

一体、この男は何者なのだろうか。スリランカから本気で日本代表を目指す孤高のフットボーラー、丸山龍也に話を聞いた。


編集部「まず初めに、簡単な経歴を教えてください」

丸山「経歴ですか・・・かなり波瀾万丈な人生なので、現状からお話しした方が良さそうですね」

編集部「なるほど(笑)では、そこからお願いします。現在はスリランカでプレーされているんですね?」

丸山「はい。今年の8月からスリランカのニューヤングスFCというクラブでプレーしています。9月から12月にかけて行われるセカンドステージのみの契約です」

編集部「スリランカはFIFAランキングでも下位に沈んでおり、サッカーのレベル的には日本よりだいぶ劣ると思います。待遇などはどのような感じですか?」

丸山「待遇はすごく良いんです。家が支給されて、ご飯が出て、さらに月給は2万円ほどです。スリランカでは物価も低く、平均月給が約1万5000円程度ということなので、特別な贅沢はできないですけど、まぁまぁ美味しいものは食べれたりタクシーで移動できたりはしますね」

【スリランカはここ】

編集部「スリランカリーグのレベルはいかがですか?」

丸山「レベルは決して高くないです。スリランカ人もみんな下手です。ただ、どの選手もフィジカル的なポテンシャルは非常に高く、身体能力の高い選手が本気でサッカーするとやっぱそう簡単にはいかないぁ、と感じます。日本代表がアジアの格下相手に苦戦する意味が少し分かりました。

また、ちょっと雨が降ると「風邪引くから」と雨宿りして練習が中止になったり、せっかく1週間コンディションを調整してきたのに、キックオフ30分前になってもレフェリーが来ず試合中止になったり・・・めちゃくちゃな部分もあります。リーグの順位表はFIFA.comのものを参照していますし、今のところ給料も2ヵ月間支払われていません」

編集部「それはある意味すごい(笑)生活面でも大変でしょう」

丸山「スリランカ人は適当なんですよね(笑)デビュー2戦目で実は足の指を脱臼して病院に行ったんですが、山奥の怪しげな治療院でドライヤーで熱されたり、カレーのようなクリームを塗られたかと思えば、今度は大きな病院に回され、いろんな医師に指を引っ張られ続けたものの指は外れっぱなしで・・・ただの脱臼なのにとても大変でした。人は温かいし他のアジアの国と違って騙したりはしないですが、そういう“適当さ"みたいなものはあります」

【キャプテンマークを巻く丸山】

【次ページ:10代にして、ベトナムでトライアウトを受験。結果は...