現在、世界最高のストライカーの一人に挙げられるポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ。ウィンターブレイクに入っている今季のブンデスリーガでは、前半戦だけで15ゴールを記録。9月のヴォルフスブルク戦において、9分で5ゴールという偉業も成し遂げた。

彼の特長はその並外れた決定力だけでなく、何でもできる万能性にもある。右足だけでなく左足の技術も正確で、それを証明するような動画を所属のバイエルンが公開している。

サッカーをやっていれば一度は挑戦する、コーナーキックからの直接ゴール。これをレヴァンドフスキは、より角度のきついポイントから成功させると、なんと左足のアウトサイドでも!

ボールを持った状態からのキックだが、若干反対サイドを向いたゴールマウスへ、吸い込まれるように・・・。現役屈指の“パーフェクトストライカー”らしい神業だ。