14日、『Golfmagic』は「テーラーメイド=アディダス・ゴルフが、マンチェスター・ユナイテッドとライセンス契約を結んだ」と報じた。

さらなるMテクノロジーを、もっと多くのゴルファーにすべてのクラブに。
Posted by TaylorMade Golf Japan on 2016年1月11日

テーラーメイド・ゴルフは1979年にアメリカで創業されたゴルフ用品メーカーで、1997年に当時親会社だったサロモンがアディダスに買収されたことによってグループに参入したことで知られる。

日本でもクラブやボール、アパレルなどを展開しており、大きな市場を持っている企業である。

アディダスは2014年7月にマンチェスター・ユナイテッドとの間で10年12億8000万ドル(およそ1496.4億円)という巨額のサプライヤー契約を結んでいる。

その関係もあり、今回マンチェスター・ユナイテッドのライセンスを使用したグッズが発売されることが明らかになった。

販売されるのはシューズ、ボール、ボールスリーブ、ディヴォットツール、ポーチ、Tシャツ、グローブ、タオル、シューズバック、そしてギフトボックスの10種類。

これまでもマンチェスター・ユナイテッドはオフィシャルショップでトートバックやティーなどを販売していたが、今後はより競技用に近い商品も並ぶことになる様子だ。

ゴルフもプレーするサッカーファンは使ってみては? 仲間内で話題になること間違いなしだ。