イスラエル1部リーグ、マッカビ・テル・アヴィヴ対マッカビ・ペター・ティクワ戦で凄いプレーがあった。

右サイドからのクロスにボックス内で合わせたのは、マッカビ・テル・アヴィヴのMFエラン・ザハヴィ。見事なタイミングで裏に飛び出すと、ゴールを背にした体勢からアクロバティックなシュートを叩き込んでみせた。

まだ1月だが、2016年の上半期のベストゴールに間違いなくノミネートされそうな圧巻の一撃であった。

איך זהבי סיכם את השער במספרת והניצחון 1:3 על מכבי פ״ת? כנסו http://bit.ly/1SEfvdY
Posted by ‎ Maccabi Tel Aviv FC - מועדון הכדורגל מכבי ת"א‎ on 2016年1月23日

イスラエル代表でもあるザハヴィは1987年生まれの28歳。

かつてセリエAのパレルモに移籍した際には「カッサーノ以上の才能」とザンパリーニ会長が絶賛したほどの選手。ミドルシュートやFKなど中距離からの得点が狙えるほか、ボックス内でのゴールセンスも非常に高い。

事実、今回と同じような超アクロバティックなスーパーゴールを幾度も決めているのだ。今回はそんな彼の“最新作”とも言えそうな一発であった。

なお、試合はマッカビ・テル・アヴィヴが3-1で勝利。ザハヴィは2得点の活躍であった。

この1月に就任したばかりのピーター・ボス新監督(元ジェフユナイテッド市原)も、ザハヴィの背面ゴールについて自分はあんなの一度も決めたことがないと驚嘆していた。