英国の『Telegraph』は20日、「トッテナムは韓国代表FWソン・フンミンを売却する準備をしている」と報じた。

昨夏、ドイツのバイアー・レヴァークーゼンから2200万ユーロ(約31億円)の高額な移籍金でトッテナムに加入したソン・フンミン。

しかし、チームがレスターと優勝争いを繰り広げた中、ソンはハリー・ケイン、デル・アリら強力な攻撃陣の牙城を崩せず、28試合4ゴールと期待外れの結果に終わった。

シーズン終盤には2ゴールを決めているが、最終節のニューカッスル戦では先発起用されたものの、低調なパフォーマンスにより前半で交代。チームは1-5で大敗し、宿敵アーセナルに抜かれて3位でシーズンを終えた。

記事ではこのことから、「マウリシオ・ポチェッティーノ監督の下での運命は決まってしまったかもしれない」とし、「もし獲得に費やした2200ユーロを取り戻せるのならクラブはソンを売却する可能性がある」と伝えている。

その売却先の有力な候補として、ソンの評価が高いドイツになるのではないかとのことだ。