『AS』は11日、「アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンは、チームに残ると明言した」と報じた。

マンチェスター・ユナイテッドなど多くのクラブから関心を寄せられていると言われるグリーズマン。今夏の去就には大きな注目が集まっている。

一部では世界最高額クラスの移籍金も動くのではないか?と考えられていたが、どうやらグリーズマンはそのつもりは全くないようだ。

彼は『La 1 sport』のインタビューに対して以下のように話し、天気のいいマドリードを離れる理由はないと語った。

アントワーヌ・グリーズマン

「僕はここでとても満足しているんだ。そしてもちろん、このいい天気が本当に大きな助けになっているよ!

チームメイトは最高だし、それに加えてトップクラスのコーチがいる。したがって、僕はここでとても幸せなんだ。離れる理由なんかないよ」

また、シメオネ監督もグリーズマンのチーム残留を確信していると話し、移籍の可能性を完全に否定した。

ディエゴ・シメオネ

「彼はここで非常に満足している。そして、チームはもっと多くのものを持っていると、彼は感じている。

さらに、グリーズマンは我々をチャンピオンズリーグで頂点に導きたいと思っているし、リーガでもそうだ。だから、彼はここで続けると確信しているよ」