スロベニアはW杯予選だけではなく、EURO2000プレーオフなどで見せた試合巧者ぶりから“Mr.プレーオフ”いう形容詞がつくほどプレーオフとの相性が良い。最近4、5年は低迷してきたが2010年W杯予選を戦ったチームはなかなかの仕上がりで、守備偏重で華がないとされるスロベニアの印象を変える充分な力を持ったチームだ。

対するロシアは、ソ連時代からプレーオフや本大会など「本番が近付くにつれてチームが内紛を起こし自滅する」という悪しき伝統を持つ。

歴史をふまえればスロベニア有利と予測したいが、ロシアは財力による著しい成長を遂げており、EURO2008でも存分に力を発揮している。また、“相手の弱点を突く”ことに関しては誰にも負けないヒディンク采配という最終兵器も有している。歴史を覆せるだろうか?

ロシア代表 過去のプレーオフ
1974年W杯 VSチリ 敗退* 1分 0得点0失点
1998年W杯 VSイタリア 敗退 1分1敗 1得点2失点
EURO2004 VSウェールズ 本大会進出 1勝1分 1得点0失点

*第2戦を政治的理由でボイコット
ソ連vsチリが行われる予定だったチリのナショナル・スタジアムがピノチェト政権下における左派政治犯の収容所として使用していたため、中立地での開催をFIFAに要求したが認められず試合に出場しなかった。そのためチリ代表は無人のゴールへ得点をいれてW杯出場を決めた。FIFAはソ連に対して5000スイス・フランの罰金を科している。

スロベニア代表 過去のプレーオフ
EURO2000 VSウクライナ 本大会進出 1勝1分 3得点2失点
2002年W杯 VSルーマニア 敗退 1勝1分 3得点2失点
EURO2004 VSクロアチア 敗退 1分1敗 1得点2失点
久保がアトレティコ相手に復活弾!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら