監督のレイモン・ドメネクを批判したことが発端となり、大会期間中にフランス代表を追われることになったニコラ・アネルカだが、チェルシーのチームメイトであるディディエ・ドログバはアネルカを擁護した。

「『フランス代表からニコラが追われた』と言う話を聞いた時、正直、おれは驚いたよ。彼とは2年半の間チームメイトだし、もちろん、おれは彼をサポートする」
「たしかに、彼にとってはこれから厳しい期間がやってくるだろう。でも、彼は強靭なメンタルも持ち主だから跳ね返せると思っている。幸運を祈っている」