12月3日に行われた、ルーマニア国内リーグ第18節、クルージュ対ウニヴェルシタテアで驚異的なゴールが生まれた。

後半21分、ゴールから40m~45m離れたところからドレル・ストイカが放ったFKがそのままゴールネットを揺らしたのである。東欧の一国内リーグで生まれたゴールということもあり、そのクオリティーに見合った話題にはならなかったことが残念だが、今世紀に残るベストゴールの一つとして、世界中のサッカーファンに知らすべきものだろう。

(筆:Qoly編集部 T)