この夏の移籍市場で、国外クラブへ移ることが有力視されているフアン・マタ。実の父であり、彼の代理人を務めるフアン・セニオルが「国外のクラブからいくつもの話をもらっている。後は、バレンシアの決断を待つだけだ」と『Mirror』の中で語ったことにより、その説はますます現実味を帯びてきた。

現在、スペインU-21代表MFの獲得に最も関心があると言われているのはアーセナル。サミア・ナスリ、セスク・ファブレガスの流出が現実的になるにつれ、より真剣に彼の獲得を検討し始め、一部では「1500万ポンドをバレンシアに提示した」とも言われている。

(筆:Qoly編集部 T)

大人気カテゴリー!
コパ・アメリカ2011ゴールドカップ2011