フットボールの監督というのは様々なプレッシャーがかかる仕事だが、チェルシーの若き指揮官アンドレ・ヴィラス=ボアス監督には意外な趣味でストレスを発散させているようだ。

その趣味というのはなんとモーターバイクの運転。その姿をなかなか想像し難いが、「機会があるときにポルトガルに戻ってバイクに乗るよ。2.3回事故に遭った事があって、腕を骨折したこともある。けれどもバイクに乗っているとき、私はファンタスティックな気持ちになる。運転しているときはアドレナリンが出てくるよ」と熱く語っているように、かなり本格的に興じている模様で、ポルトのユースコーチ時代に350ccのバイクをまたがってから火が着いた趣味は、今では5台のモーターバイクを所有するほどの熱の入れように。昨年、ポルトで3冠という偉業を達成することが出来たその裏には、意外なバイク乗りの趣味が大きく関わっていたに違いないだろう。

なお、チェルシーは、選手たちにバイクに残ることを禁止しているが、ヴィラス=ボアス監督は特例で許可を受けているとのことだ。

(筆:Qoly編集部 M)