ランパードの中国移籍を否定

チェルシーの監督、ロベルト・ディ・マッテオがフランク・ランパードは売却不可能と主張している。

1月のマーケットで中国へ移籍するという噂が浮上しているランパード。この件に関して1対1のドローに終わったリヴァプール戦後にランパードについて尋ねられた指揮官は、1月のマーケットでの移籍を許すつもりが全くないことを明かしている。

しかし、これは1月のマーケットにおける話である。ランパードが来季以降もチェルシーに残留するかは極めて不透明な状況なのだ。ジョン・テリー、アシュリー・コールと共にチェルシーの元勲と呼ぶべき3人だが、クラブは1年単位での契約延長しか提示しない方針を採用している。テリーはスペイン方面、A・コールはフランス方面、そしてランパードはアメリカ方面への移籍話が多く報じられている。

(筆:Qoly編集部 L)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}