「亡くなった母のアドバイスを守ろうと思う」

11月12日、アフラム紙は「ガーナ代表FWアサモア・ギャンは、国際試合では2度とPKを蹴らないと明かした」と報じた。記事によれば、ギャンはガーナのラジオ局アセンパFMでこう話したという。

「私はもうガーナ代表ではペナルティキックを蹴りに行く事はしないだろう。母が『もうペナルティキックは蹴らない方が良い』とアドバイスしてくれた。彼女はもう亡くなってしまった。だからこのアドバイスを守ろうと思うんだ」

アサモア・ギャンは2010年に行われたワールドカップ・南アフリカ大会のウルグアイ戦で、試合終了間際のペナルティキックを外した。この結果ガーナはPK戦で敗れ、大会を去っている。

さらに2012年のアフリカネイションズカップでも、ザンビアとの試合でペナルティキックを失敗。このときも0-1で試合に敗れ、決勝戦進出を逃している。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}