大邱FC、ブラジル人FW2名を一気に獲得間近

12月9日、韓国1部・Kリーグに所属している大邱FCは、「アヴァイーからFWファビオ・サントス、ABCからFWアドリアーノ・パルダウを獲得する」と発表した。既に契約交渉は大詰めに達しており、後はメディカルチェックを残すのみであるという。

ジョゼ・ファビオ・サントス・ジ・オリベイラ、通常“ファビオ”は1987年生まれの25才。2005年に水戸ホーリーホックに入団し、2006年に湘南ベルマーレに移籍。一度国内に戻った後、2009年にも来日し徳島ヴォルティスでプレーしたことで知られているブラジル人FW。大邱FCは「日本での経験があるため、韓国への適応が早いはず」と期待しているという。

アントニオ・アドリアーノ・アントゥネス・ジ・パウラ、通称“アドリアーノ・パルダウ”も1987年生まれの25才。ヴィトーリアの下部組織出身で、ボタフォゴやカシアスなどを経て今季はABCに所属。2部で12ゴールをあげ、チーム得点王となっている。

(筆:Qoly編集部 K)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}