ボルシア・メンヘングラートバッハのベネズエラ代表MFフアン・アランゴがまたもスーパーゴールを決めた。32歳のベテランMFはブンデスリーガ第16節マインツ戦の後半17分すぎ、相手GKハインツ・ミュラーがエリア外へ飛び出して処理したボールを・・・

【該当プレーは1:10~】

滑りながらダイレクトで放ったロングシュートはマインツゴールへ一直線。最後はFWマイク・ハンケが触れたかのように思えたが、記録はアランゴのゴールとなった。このゴラッソで相手を突き放したボルシアMGが2-0で勝利を収めている。

試合後、ゴラッソについてアランゴは「とても難しいことをやれた」と自画自賛していたという。一方、もう少しでスーパーゴールをかすめとるところだったハンケは「(ボールに)触れたけど、ラインを越えてから」と話したそう。

アランゴは上記ゴールを含め今季5得点を記録しているが、そのどれもが素晴らしいゴラッソ。これまでの4ゴールはこちら↓

【1点目、第1節ホッフェンハイム戦】



【2点目、第7節フランクフルト戦】



【3点目、第9節ハノーファー戦】



【4点目、第14節ヴォルフスブルク戦】



ちなみに、ボルシアMGは今季ここまで6勝6分け4敗の8位。そんななか、アランゴが得点を決めた5試合はすべてボルシアMGが勝利している。

(筆:Qoly編集部 I)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}