自身の半生を振り返る作品

サッカー界においては世界最高となる年俸を手にし、ロシアでは超豪華な家高級車を堪能するなど、フットボーラーを夢見る子供たちにとっては憧れのような生活を体現するサミュエル・エトー。とにもかくにも、彼は自身への投資を惜しまない人間だが、それだけではなく、カメルーンに携帯電話を普及するための会社を起こしたり、ピッチ外ではファンにサービスをしたりと、「誰かのために」という意識が強いのも彼の良さの一つであろう。

そんな彼がまた一つ新たなことに取り組んだ。それは自身の少年時代のエピソードを扱ったコミックを出版し、「貧しい日々を過ごしてもいつかは大成することができる」という、一つの“フットボール・ドリーム”を伝えるというものである。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

「僕は自分の経験を少年たちと分かち合いたいんだ」

「サミュエル・エトーという人間は常に億万長者であったわけではない。彼がそのような人間になれたのは、数え切れないほどの努力と『向上したい』という気持ちがあったからだ」

彼の強い思いが詰まった作品は、今月末にフランスで発売される。

(筆:Qoly編集部 T)

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}