6日に行われたMLS、サンノゼ・アースクエイクス対バンクーバー・ホワイトキャップスでの珍場面。この日はゲストでアメリカの総合格闘技大会「UFC」のファイター、ルーク・ロックホールドとダニエル・コーミエが招待され、試合前に2人による始球式が行われたのだが・・・。

ロックホールドの蹴ったボールがサンノゼのマスコット“Q”の急所を直撃! UFCのルールでも「金的攻撃」は当然反則であるが、手前の女性がいい感じに喜びを表していることからどうやら見事なKO勝ちを収めた模様だ。UFCおそるべし・・・。

ちなみに、小林大悟、ディビッドソン純マーカス(ともにバンクーバー)が先発出場した試合の方は1-1の引き分けに終わっている。以下は試合のハイライト。