プレミアリーグのストーク・シティは6日、2013-14シーズンも引き続きチームに留まる選手のリストを発表。スローインの名手で数々のゴールをアシストしてきた“人間発射台"、元アイルランド代表MFロリー・デラップが退団することが分かった。

2006-07シーズンの冬にサンダーランドからストークへローンで加入したデラップは、半年後に完全移籍。翌シーズン、44試合に出場してチームのプレミアリーグ初昇格に貢献すると、トニー・ピューリス監督の独特な戦術の“主役"に抜擢され、自身3シーズンぶりのプレミアで大活躍。それまでの選手生活ではそこまで披露していなかった、元やり投げの学生チャンピオンという経歴に由来する超ロングスローは相手チームを震え上がらせ、その凄まじい飛び道具ぶりは後に日本の民放番組でも取り上げられた。

元々怪我がちで、2013年1月からはチャンピオンシップのバーンズリーにローンで出されていた36歳のデラップ。ぜひ移籍先が決まってほしいものだが・・・。