7月29日、朝鮮日報紙は「チ・ソヨンが『日本ではいつも見下されている』と話したという記事は、事実と違う」と報じた。

記事によれば、東アジアカップ最終節で日本に勝利した試合の後、取材に対して「日本女子サッカーは韓国を下に見る傾向があるので、必ず力を見せたいと思っていた」と話したとのこと。

これが朝鮮日報の記事になり、日本語に翻訳される過程で、事実とは違うコメントが広まる結果になったという。

また、国内で話題になった『散歩セレモニー』についても、「事実とは違う」とのことだ。これも誤報であるという。これについては、チ・ソヨンは「嬉しくて走っただけで、あまりにも嬉しかったからベンチに向かって行ったつもりだった。特にそのような考えはなかった」と話しているとのこと。