現地時間4日に行われたブラジル全国選手権第11節、対クリシウーマ戦の前半10分に、コリンチャンスMFレナト・アウグストがチームの先制点となるゴールを鮮やかに決めた。

昨年までレヴァークーゼンでプレーしていた元ブラジル代表アタッカーが披露したゴラッソ。キックフェイントからミドルシュートまでの一連の動作に無駄のない一撃で先制したコリンチャンスは、25分にもペルー代表ゲレーロのゴールで追加点をマーク。チームは第11節までを終えて、4勝5分2敗の勝ち点17でリーグ7位につけている。

 

【マッチハイライト】