5年前、未成年への買春を行ったとして起訴されたのはフランス代表のカリム・ベンゼマだった。

ベンゼマは2008年、同じフランス代表のフランク・リベリとともに未成年との性的関係をもったとして起訴され、現在裁判の真っ最中。今年6月に実施予定だった裁判は延期され、翌年1月に法定で正式に争うことになっている。

そんないかがわしい容疑のかかるベンゼマに、再び買春の噂が浮上したと、各紙が伝えている。

報道によれば、今回買春を暴露したのはベルギー人のヴィクトリア・ドルヴァルさん。この女性は男性として生を受けたが、5年前に性転換手術を施し、現在はグラマラスな女性として注目を集めている。なおヴィクトリアさんは現在29歳であり、現在起訴されている未成年の買春とは異なるようだ。

ヴィクトリアさんはベルギーメディアに、以下のように語ったという。

「彼はあの売春事件の後、私に会いたいと言ってきたの。そして『2,000ユーロで(およそ27万円)』と提案され、私はそれを受け入れたわ」

ベンゼマとヴィクトリアさんの関係は1度だけではなかったという。ヴィクトリアさんによると、2度目の会合の時、6,000ユーロ(およそ80万円)にまで値を引き上げたそうで、こう続けている。

「彼は私が性転換したことを知っていたわ。だけど、私にこう言ったの。『そんなの関係ない』ってね。『若い体をしていることのほうが大切だ』とも言っていたわ。

その時私は、彼の友人でもあるラッパーのブーバからも言い寄られていて、彼は3,000ユーロ(およそ40万円)で、と交渉してきたわ。そして彼のマネージャーは私に、その夜のことをタブロイド紙に暴露しないよう、サインさせたの。

もちろん、ベンゼマもブーバもそのことを否定しているわ。性的交渉をもったことを恥じているようだし、何より彼らをそうさせているのは、性転換した女性だったってことよね」

ちなみにこのヴィクトリアさんは、その姿をYoutube上にも公開している。

現在レアル・マドリーで好調なベンゼマに届いた、新たなる噂。非常にデリケートな問題ではあるが、今後のベンゼマの言動に注目である。