昨季のリーグ覇者マンチェスター・ユナイテッドを敵地で破る金星をあげたウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)。

1978年12月以来となるオールド・トラフォードでの勝利に貢献したWBAのスウェーデン代表DFヨナス・オルソンはこの試合前半に右目の上を負傷し出血。 その後、血に染まったユニフォームを着替え、負傷箇所に包帯を巻いた30歳のベテランCBはフル出場を果たしてチームを支え続けた。

激闘を終えたオルソンは「最初から我々にとって素晴らしい試合だった。とても誇り高い気持ちだよ。 (オールド・トラフォードは)やって来るにはタフな場所だし、このリーグにおいて最もタフなアウェイゲームだろうね。僕らはいいプレーをした」、 「僕らがオールド・トラフォードで勝つようなことがあると、皆ちょっと驚くでしょう。 でも、もし自分自身のことを信じられれば、何だって可能なんだよ。ユナイテッドに勝つには全てが100パーセントじゃなければならない。僕らはそうなったと思う」と述べ、充実感を口にしていた。

そんななか、WBAはFacebook上でユナイテッド戦の激闘での血に染まったオルソンのユニフォームをゲットできるという企画を展開。 なんでも(現地時間の?)10月1日の午後5時までにこのポスト記事に『いいね!』をしてシェアしたうえで、 WBAのFacebookにも『いいね!』した人のなかから抽選で1名に当たるとか。

激闘の証を手に入れたい方は、応募してみてはいかがだろうか。