このほど、スペイン代表に初選出されたスウォンジーのミチュがまるで少年のように喜びを示している。

11日のW杯予選ベラルーシ戦、15日のグルジア戦に向けた招集メンバーを発表したビセンテ・デル・ボスケ監督だったが、招集していたダヴィド・ビジャが負傷により招集を辞退。

そこで白羽の矢が立ったのが、昨シーズンのプレミアリーグで18得点を記録したミチュだった。

ミチュは現在27歳。ラージョから移籍してきたスペイン人ストライカーはこれがスペイン代表の初招集であり、今回の招集に感激しているそうだ。

『Telegraph』

「スペインでは、全てのフットボーラーが代表チームを夢見るんだ。

世界最高のチームのユニフォームを身にまとえるなんて、限られた人にしか許されないことだよ。

今回選ばれなかった選手も多いけど、それでもスペイン代表には素晴らしい選手がいるんだ。

招集されただけでもう嬉しかったけど、ツキがあればプレーしたいね。

フットボーラー最大の願いなんだ。代表チームは世界で最もベストなものだし、特権的なものだね。

まるで少年のようにワクワクしているんだ。世界でも最高の選手たちがチームには溢れている。このチャンスのモノにしたいね」

ミチュはネグレドやセスクとポジションを争うことになる。