英リーグカップ4回戦、セント・ジェームズ・パークで行われたニューカッスル対マンチェスター・シティ戦でこんなシーンがあった。

後半立ち上がり、ニューカッスルが相手陣でスローインを得ると・・・

ニューカッスルDFマテュー・ドゥビュシは通路奥にまで入ってしまったボールを自ら拾いに向かう積極性な行動に。

なお、0-0のまま延長戦に突入した試合はシティがネグレドとジェコのゴールでニューカッスルを退けている。

4回戦で敗退となったアラン・パーデュー監督は「得点できなかったことに我々は本当に失望している。 ゴールを得るには十分いいプレーをしていたし、これ以上のことを選手たちに要求することはできなかった。 パフォーマンスのレベルは本当に高かったが、厳しい試合だったので、相手を上回れず残念だ。 延長戦の序盤に本当に大きな大きなチャンスがあった。あの時点での先制点は決定的だ。 疲れてきていて、(得点を)取り戻すのはとても難しいからね。我々にとって残念なことに(先制)点をとったのは向こうだった」とコメントした。

公式戦でここ3試合勝ちがないニューカッスルは現在リーグで3勝2分4敗の11位となっている。

【試合ハイライト】

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

【厳選Qoly】パリ五輪直前!すでにプロで“違い”を見せている2028年「ロス五輪世代」の日本人5名