若くから“悪童“として知られていたアントニオ・カッサーノに、衝撃の事実が明らかになった。

なんと、カッサーノがこれまで関係を持った女性の数が軽く3桁は超えているというのだ。イタリア『La Gazzetta dello Sport』が報じている。

こちらの記事は、現在ローマに所属するマルコ・ボリエッロにインタビューしたもの。このインタビューの中で「あなたとカッサーノはどちらがモテますか?」と問われたボリエッロが以下のように答えている。

「あいつの経験人数は600〜700人くらいでしょ。違う?

僕はさすがにそれよりは少ないかなぁ。けど、みんなかわいい子達だったよ」

いかにもイタリアっぽい質問…。そしていかにもモテ男っぽい返答である。

モテ男としても有名なボリエッロだが、意外にも本物の“オトコ”になったのは17〜18歳と遅咲きだったという。

ちなみに、カッサーノはすでに妻子持ち。奥さんのカロリーナさんはこちら。

カロリーナさん2 

カロリーナさん

またこちらの記事では、ボリエッロのその壮絶な幼少期が綴られている。

マルコ・ボッリエッロ

「僕の父親は、1993年にイタリアの犯罪組織『カモッラ』に殺害された。困難な幼少期だったよ」

「僕はまだ10歳で、僕が成長する上で母親の存在が大きかった。僕はナポリ近隣の町で育ってね、町のどこを見回してもギャングだらけだった。そして、父の他界から僕を救ってくれたのがサッカーだったんだ」

なお、カッサーノの女性経験についてはジョークである可能性がある。