1月3日、フランス・フットボール紙は「フランス・リーグアンのモナコは、アンジ・マハチカラに所属しているコートジボワール代表FWラシナ・トラオレと交渉している」と報じた。

記事によれば、金曜日に行われた記者会見でクラウディオ・ラニエリ監督が交渉の存在を明らかにしているという。

なお、今冬ラダメル・ファルカオがチームに残った場合、トラオレはシーズンの終了までイングランド・プレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドにレンタルされるの可能性が高いとのことだ。

また、ラニエリ監督はFWヴァレール・ジェルマンに関しても、出場機会増加のために今冬レンタルで他のクラブに貸し出すことを認める類いの発言を行っている。なお、彼に興味を持っているのはギャンガンなどの数クラブであるとのことだ。

 


ピエラッツィ、シカゴではなくサンノゼ・アースクエイクスへ?

1月3日、フランス・フットボールは「アジャクシオに所属しているコルシカ島代表MFジャン=バプティスト・ピエラッツィは、サンノゼ・アースクエイクスに移籍する」と報じた。

先日ピエラッツィは同じアメリカ合衆国のシカゴ・ファイアーへ移籍する可能性が高いと報じられていた。

なお、アジャクシオからはモロッコ代表FWシャヒル・ビルガズアニも移籍の可能性があり、ベルギー1部のズルテ=ワレヘムに復帰するのではないかと報じられている。

【厳選Qoly】EURO2024、スペイン代表から漏れた「驚きのスター5名」