フランス・リーグアンで降格圏に沈むヴァランシエンヌは「モナコからアルジェリア代表DFカール・メジャニを、スパルタク・モスクワからガーナ代表FWアブドゥル・マジード・ワリスを獲得した」と発表した。

カール・メジャニは1985年生まれの28歳。サンテティエンヌの下部組織から若くしてリヴァプールに引き抜かれたことで知られているかつての天才DF。

イングランドでは全く芽が出ずに終わったが、フランス復帰後にアジャクシオで活躍して名を上げ、昨年はモナコで昇格に貢献。今季はオリンピアコスに半年貸し出されていたが、今冬契約が終了していた。

アブドゥル・マジード・ワリスは1991年生まれの22歳。昨年に行われた日本代表戦でもプレーしたことで知られるガーナ代表ストライカー。2012年にはスウェーデンで得点王に輝いており、得点力とスピードに定評がある。

 


J・アユー、ソショーへのレンタル移籍へ

1月3日、フランス・リーグアンのソショーは公式サイトで「マルセイユ二所属しているガーナ代表FWジョーダン・アユーのレンタル移籍交渉が基本合意に達した」と発表した。

レキップ紙によれば契約期間は6ヶ月で、完全移籍に切り替えられるオプションは付随していないとのことだ。

ジョーダン・アユーは1991年生まれの22歳。かつての英雄アブディ・ペレの息子であり、アンドレ・アユーの実弟。今季はトーヴァンとパイェットの加入によって出番が減少しており、ジョゼ・アニゴ監督も彼のパフォーマンスに納得していないと言われていた。

なお、同日ジョゼ・アニゴ監督もジョーダン・アユーのレンタル移籍については推進する方針であると明かしている。