今季、フィオレンティーナからマンチェスター・シティへと移籍したFWステヴァン・ヨヴェティッチが待望のプレミアリーグ初ゴールを決めた。(※リーグカップではすでに2得点を記録している)

ヨヴェティッチはリーグ第23節、アウェイのトッテナム戦で負傷したアグエロに代わって途中出場すると78分にチーム4点目となるゴールをゲット。チームも5-1で快勝を収め、ついにリーグ首位に立った。

  (権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

試合後、ペジェグリーニ監督から讃えられたヨヴェティッチは「もちろん嬉しいよ。これまでにたくさん辛いことがあったからね」と喜びのコメント。さらに『Metro』によれば、あるサポーターとのこんなエピソードもあったそう。

「僕がベンチにいた時に彼(サポーター)は近くにいたんだ。

彼は僕にユニフォームをねだっていたんだけど、プレミア初ゴールを決めた後にこのユニフォームは(記念に?)とっておかなくちゃならなくなったと言ったんだ。

だから、彼にはパンツ(=ショーツ)をあげることになった」

果たして、ファンとしてはよかったのか、悪かったのか・・・

(↓試合後インタビュー)