2月6日、フットボールイタリアは「コートジボワール代表FWジェルヴィーニョは、インタビューで『ドリブルならボルトに勝てるかも……』と語った」と報じた。

ジェルヴィーニョが所属しているローマは、2月5日に行われたコッパ・イタリアのナポリ戦で2得点を決め、勝利に貢献。RAIのインタビューで出された質問に対してこう答えたという。

フットボールイタリア

ジェルヴィーニョ

「後半開始時の失点は我々を脅かしたが、しかし僕らは地元で勝利を得るため、一歩前に踏み出して最後まで戦い続ける勇気を持っていたんだ。

ファンやチームと喜びを共有できるのは幸せなこと。2ゴールを決めた今夜は、まさにそうだね。

(監督については?)

ガルシア監督はサッカーを愛している男で、ローマの選手たちを自信で満たしてくれたんだ。彼は様々な攻撃のスタイルを持っている。彼がいたからこそ、僕はローマを選んだんだ。

(君のスピードはすごい。ボルトと競争したい?)

もしボールを持ってのランなら、きっと僕が勝てるさ。結構難しいことだからね! ただ、サッカーと関係ないただの競争なら、もちろん彼が僕を打ち負かすだろうね」