英国『Livepool Echo』は現地時間7日、現在リヴァプールで絶好調のFWルイス・スアレスが将来的にセリエAでプレーする意思をがあると伝えた。

記事によると、スアレスはイタリア『Gazzetta dello Sport』に以下のようなコメント残したとのこと。

Gazzetta dello Sport

ルイス・スアレス(リヴァプール)

「将来的にイタリアにいるかって?ありえないとは言えないね。

歴史に興味を持った南米出身の選手にとって、セリエAでのプレー経験を持つことは得策なんだ。

イタリアのサッカーはトップレベルだし、根気強くそれに従ってきた。ちょうど2年前、セリエAのチームからオファーを受け取ってね。チーム名は言いたくないけれど、難しい選択だったよ。しかし熟考の末、リヴァプールに残留することを選んだんだ」

それでも、リヴァプールでの現状には満足しており、即座に移籍する意思はないそう。