3月20日、『Sky Sports』は「ポーランド代表GKヴォイツェフ・シュチェスニは、引退までアーセナルに残りたいとも考えている」と報じた。

アーセナルの守護神を務めているシュチェスニ。今夏クラブはスペイン代表GKイケル・カシージャスや同代表GKビクトル・バルデスの獲得に向かっていると噂されているが、シュチェスニは『Przeglad Sportowy』の取材に対して、誰が来てもクラブに残ることを明言したとのこと。

Sky Sports

ヴォイツェフ・シュチェスニ

「もしクラブがキャリアの終わりまでの契約を打診してきたら、ためらいもなくサインするだろう。私はクラブに愛着を感じているし、監督もチャンスを与えてくれる。ここで未来を見ている。

私は、求められている間はアーセナルでプレーするだろう。ナンバーワンの座を勝ち取るために戦うことを恐れない。ファビアニスキであろうが、カシージャスであろうがね。

ヴェンゲル監督に『ヴォイツェフはナンバーワンじゃない』と考えさせたくはない。全ては自分の手に掛かっている。私は人生の中で最高の状態にあるよ」

 

 

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら