アーセナルがフラムのアタッカー、パトリック・ロバーツに興味を持っていると『Mirror』が報じている。ロバーツは1997年生まれの17歳。U-17イングランド代表であり、能力と将来を高く評価されている若きアタッカーだ。

ロバーツは3月末に行われたマンチェスター・シティとの試合でプレミアリーグデビュー。2点ビハインドの中、ピッチに送り込まれたがチームはその後3失点。0-5の大敗を喫し、ほろ苦いデビュー戦となっている。ロバーツは翌節のエヴァートン戦も後半残り10分の所で投入されている。

ロバーツに興味を抱くのはアーセナルだけではない。レアル・マドリーとバルセロナも興味を示しているといわれており、夏のマーケットでの獲得を目指しているという。フラムの指揮官、フェリックス・マガトはロバーツに対してオフィシャルサイトで以下のように語っている。

「パットはとても大きな才能をもっているし、彼の前には素晴らしいキャリアが待ち受けているだろう。今はプレミアリーグで素晴らしい経験を積むのが彼とって良いことだと思っているよ。彼はすぐに順応するだろうね」

「彼は将来我々に必要なプレーヤーになるよ」

ロバーツ本人は公式Twitterで3月22日のプレミアリーグデビューについて以下のようにツイートしている。

「僕のプレミアリーグデビューの実現は本当に現実じゃない感じがする!幼い頃からそれを夢見てきたんだ!結果については本当に恥ずかしいけど!」

攻撃的なMFやストライカーとしてプレーすることが可能なロバーツ。アーセナルからの関心が報じられた事で今後も大きく注目されるようになることは間違いないだろう。