6月23日、フランス2部・リーグドゥのクレルモン・フットは「来季チームの監督を務めることになっていたエレナ・コスタは、契約を撤回することを決断した」と発表した。

エレナ・コスタは先月クレルモン・フットと契約し、欧州の男子プロサッカー界史上初の女性監督として話題に。フランスの女性大臣であるナジャ・ベルカセン氏や、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督などからも賛辞を受けていた。

しかし、契約が始まる7月1日を待たずしてそれは解除されることになり、女性監督の誕生は白紙に戻ることになった。


クロード・ミシ クレルモン・フット会長

「彼女は契約を尊重しないことを決断した。この決定は突然であり意外なものだった。私はこの状況になってしまったことを深く後悔している。我々を支えてくれたすべての人に感謝する。クラブの首脳は、新しいシーズンに向けて準備を行うため、関係者とともに仕事を続けていく」