バイエルンの会長、カール=ハインツ・ルンメニゲは、優勝を争うライバルであるドルトムントがマンチェスター・ユナイテッドから香川真司を獲得してブンデスリーガに復帰させた事に歓迎の意を示した。

ユナイテッドでの2年間を経てドルトムントへ戻ってきた香川。ドイツ国内では本物のスターとして認められているが、ルンメニゲは香川のようなスターがブンデスリーガにいることが大事であり、国内の競争力を生むと考えているようだ。

「プレミアリーグへの移籍は常にうまくいかないね。今回(香川の件)も間違いなくそうだ。だから我々は香川の(ブンデスリーガ)復帰を歓迎すべきだよ」

「ブンデスリーガにおいて、我々には大きな競争心と情動性が必要だ。よく知られている選手はみんなウェルカムさ」