現地木曜日、イングランド3部のレイトン・オリエントは元リヴァプール、ナポリ、サンダーランドの左サイドプレーヤー、アンドレア・ドッセーナとの契約に合意したと発表した。

33歳になったドッセーナは昨シーズン限りでサンダーランドを退団後はフリーとなっていた。レイトン・オリエントとの契約が今シーズン末までということだが、背番号など詳細は追って発表がある模様。

3部に当たるフットボールリーグ1は16節まで進んでおり、レイトン・オリエントは24チーム中暫定20位。 監督はあのペルージャにいた元イタリア代表DFマウロ・ミラネーゼで、この10月末にスポーツディレクターから監督へと転身したそう。 彼にとっては初の監督経験となるようで、ドッセーナはそのエネルギッシュなプレーで同胞の先輩の後押しをしたいところ。