いまプレミアで最もホットな選手のひとりといえば、トッテナムのFWハリー・ケインだろう。

地元ロンドン出身のケインは先日のチェルシー戦でセンセーショナルな活躍を見せるなど、今季ブレイク中の21歳である。そんなケインについて、『dailymail』がこんな写真を公開している。

トッテナムの宿敵アーセナルのユニフォームに身を包んだ子供たち。その左下に移っているのが幼き頃のケインだという。

なんでもケインは地元のリッジウェイ・ローヴァーズというクラブで印象的なプレーを見せていたところアーセナルからスカウトされたそうで、これは2001年7月に撮影された7,8歳当時の姿だそう。ケインは後列左から2人目に移っているベニク・アフォービ(アーセナルからMKドンズにレンタル中の若手FW)らとともにU-8チームの主力だったそうだが、アーセナルは1年でケインを手放したという。その後、地元クラブに復帰したケインは2009年にトッテナムと契約している。