4日、コパ・デル・レイ準決勝の2ndレグが行われ、バルセロナはアウェイでビジャレアルと対戦。ホームで3-1と勝利していたバルサは、敵地でも3-1の快勝を収め、順当に決勝へと駒を進めた。

この日光ったのは2ゴールを決めたネイマール。

特に、開始早々の3分に奪った先制点は、リオネル・メッシとの見事な“ホットライン"だった。

(権利元の都合により埋め込みコードの掲載を取りやめました)

ルイス・スアレスのサイドチェンジから、絶妙のタイミングでDFラインの裏を突いた二人。

実はこの試合ではウォームアップも一緒に行っていた。

メッシのパートナーはダニ・アウヴェスであることが多いのだが、この日アウヴェスはベンチスタート。そのため見られたアルゼンチン代表とブラジル代表の10番同士による共演が、先制点にも繋がった?

なお、バルセロナは2シーズン連続の決勝進出。5月30日に行われる決勝では、前回優勝した2011-12シーズンと同じくアスレティック・ビルバオと対戦する。