インテルの監督を務めるロベルト・マンチーニ監督が、16日に行われたユヴェントス戦でこんなパフォーマンス(?)を見せた。

1-1で迎えた70分、マテオ・コヴァチッチからのスルーパスにダニーロ・ダンブロージオが走り込み、体を曲げながらボレーシュート!

しかし、シュートは惜しくも外れ。勝ち越しのチャンスを逸し、ショックを隠し切れなかったのがマンチーニ監督だ。

試合中でありながらその場に倒れこみ、仰向けになって寝転んでしまったのだ。

オーバーアクションを見せる監督は多いが、さすがにその場で仰向けになった人はそういないはずである・・・。

ちなみにこの後、ユヴェントスが勝ち越しゴールをあげ逆転勝利を手にしている。決勝ゴールをあげたFWアルバロ・モラタはこんなセレブレーションを見せた。

ゴール後のリアクションが何かと話題となった今年のイタリアダービー。試合はこのまま終了し、2-1でユヴェントスが勝利している。