14日に行われたデイヴィッド・ベッカム主催のチャリティマッチ。

この試合にはベッカムやライアン・ギグス、ポール・スコールズといった引退選手だけでなく、ジョン・テリーやアシュリー・コールといった現役中の選手も参加した。なかでもマジカルなプレーで楽しませてくれたのは、世界選抜として出場したロナウジーニョであった。

今年9月にフルミネンセとの契約を解除し無所属状態が続いているロナウジーニョ。しかし、世界が恋したそのテクニックはいまだ健在であり、この試合でも遊び心あるプレーで観客を魅了した。

特にスゴかったのは、試合前に見せたこのシーン。ウォーミングアップを終えロッカーに戻ろうとするのだが…

観客席からの声援に笑顔で応えながら引き上げようとするのだが、すると自身の右側からボールを持ったスタッフがやって来た。

それを感じたロナウジーニョは、ノールックでこの股抜き!いつスタッフの位置を確認したのだろう…。

試合とは全く関係のないシーンであったが、ロナウジーニョらしい遊び心を感じるプレー(?)であった。