南アフリカでの謎のイエローカードが話題になっている。バロカ対プラチナム・スターズのリーグカップでの出来事がこれ。

トリッキーなヒザタッチを見せたバロカのMFシポ・モエティに対し、主審はイエロカードを提示!ちょっとおちょくったようなプレーだったが、これがファウルの対象になるのかと物議を醸しているのだ。

『kickoff』によれば、この件についてモエティはこう述べているそう。

シポ・モエティ(バロカ)

「イエローカードにはがっかりしたね。

相手は近くにおらず、自分にはスキルを見せる権利があったと思う。

今日はオフだ。明日クラブに行って、あのイエローカードに異議を申し立てられるか見定めることになるよ」

「守る人は守らなきゃならないし。パスする人はパスしなきゃならない。

スキルがある人間は、それを見せつけることが許されるべきだ。

僕は自らのスキルでファンたちを楽しませて育ってきた。

チームが勝ち続ける限りはまだこれをやってくつもりさ。適切なところでね。

フットボールのファンたちはエンターテイメントのためにスタジアムに来る。

彼らにフィールド上でのゴールやスキルを与えなきゃ」

主審としては、反スポーツ的行為としてのファウルをとり、カードは異議に対するものだったのだろうか。