20日に行われたJ3最終節でガイナーレ鳥取に2-4で勝利し、見事J2への自動昇格を果たした大分トリニータ。

J1経験クラブとしては初めてとなるJ3降格からわずか1年で、大分はJ2へと復帰する。

そんな大分といえば、ペリクレス・シャムスカが率いた2000年代中盤からJ1で結果を残し、優秀な若手選手を多く輩出したことで知られる。

その中には現在の日本代表で中心となっている西川周作、森重真人、清武弘嗣の三人衆の存在があるが、昇格後、すぐさまTwitterで反応した!

祝福のメッセージをまず投稿したのは浦和の西川。

大分が昇格を決めたのは午後2時54分であるが、西川がツイートしたのはなんと試合終了からわずか3分後!

この日は日曜日ということでオフであったことが想定されるが、やはり大分の試合が気になっていたのか絶えず情報を追っていたようだ。

昇格から10分後にツイートしたのは森重。

さらに…

スペインにいる清武もその5分後にツイート!

当時スペインは朝の7時すぎであったが、やはり早めに起きて大分の試合をチェックしていたのかも?

いずれにしても、大分トリニータというクラブがどれだけ愛されているかが分かるようなエピソードであった。