カタールで行われているユース年代の国際大会「アルカス・インターナショナル・カップ」。

今大会は日本から柏レイソルU-17が参戦している。グループステージでバイエルン・ミュンヘンを下したレイソルは2位で決勝トーナメントへ進出。このほど、レアル・マドリーとの準々決勝に挑んだ。

レイソルは後半16分までに2点をリードにされるも、後半20分に…。

FW森 海渡(もり かいと)が相手のミスを見逃さずしっかりゴールを決めて、これで1点差。

すると迎えた後半アディショナルタイムには…。

コーナーキックから再び森が押し込み劇的な形で同点に!

レアル相手に素晴らしい粘りをみせたレイソルだったが、PK戦の末に2-4で敗戦。それでも、レアルのアルバロ・ベニト監督は「難しい試合だった」と述べていた。

レアル戦のハイライトはこちら。

この後、レイソルはPSVと対戦し、さらにもう1試合を戦う予定だ。