バルセロナのスター選手リオネル・メッシに似過ぎていたために、警察に連行されてしまった人がいた。『BBC』などが伝えている。

これはイランのハマダーンという街での出来事だそう。メッシにそっくりなレザさん(写真左)とセルフィーしようと多くの人達が殺到!

そのため警察は彼を署に連れて行ったほか、騒ぎを止めさせ交通を整理するために彼の車を押収しちゃったんだとか。

25歳のレザさんは学生。数か月前にサッカー狂の父親からバルセロナの10番のユニフィームを着るように言われてから、この騒ぎが始まったそう。数か月前からそういう状態が続いており、ついに警察が出動する事態になったようだ。

レザさん

「今では人々は本当に僕のことを『イランのメッシ』として見るようになった。

彼がやること全てを僕に真似してほしがっているよ。

僕がどこかに現れると、皆本当に驚くんだ。

彼らをハッピーにするのを見るのは本当に嬉しいし、その幸せが僕に多くのエネルギーをくれる」

メディアの取材も殺到しており、ついにはモデリング契約(メッシのダブル?)まで結んだそう。目下サッカーの練習に取り組んでおり、その役割(代役?)をもっとうまくやれると語っているとか。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】