アイントラハト・フランクフルトはケヴィン=プリンス・ボアテングを獲得し、2020年までの契約を結んだと発表した。

今年で30歳になったボアテングは、つい先日ラス・パルマスとの契約を突如解除していた

ケヴィン=プリンス・ボアテング

「ドイツのことが恋しかった。ブンデスリーガでプレーすることもね。

家族とともに自宅に戻ってくるチャンスをアイントラハトが与えてくれたことは自分にとって多くの意味がある。

ドイツのトップリーグで再びプレーすることが本当に楽しみだ。このエキサイティングなリーグでね。

新しいチームメイトたちと会うことも待ちきれない。アイントラハトのユニフォームを着て、プレーすることもね」

ボアテングがブンデスリーガでプレーするのは、2015年のシャルケ時代以来のこと。

長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは開幕戦でフライブルクと対戦する。